時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に成功

NTTドコモは、日本電気(NEC)、日本電信電話(NTT)と28GHz帯の周波数において第5世代移動通信方式(5G)を用いて時速305キロメートルで移動する自動車に搭載した5G移動局と、実験コースに設置した5G基地局との間で無線データ伝送に成功したことを発表した。

実験は、高速鉄道などの超高速移動環境における5Gサービスの提供を想定した自動車走行による実験として、2018年4月8日に日本自動車研究所(JARI)のテストコースにおいて実施した。

JARI(茨城県東茨城郡城里町)のテストコース(全周5.5キロメートルの高速周回路のうちの約1キロメートルの直線区間)において、コース脇に設置した2つの5G基地局とコース上を超高速で走行する実験用自動車に搭載した5G移動局との間で、28GHz帯の周波数を用いた5G無線通信を行った。

その結果、以下のような成果を上げたという。

(1)時速305キロメートルで移動する5G移動局と5G基地局の間の5G無線データ伝送に世界で初めて成功
(2)時速293キロメートルで移動する5G移動局に対して、下り1.1Gbpsの超高速5G無線データ伝送に世界で初めて成功
(3)時速290キロメートルで移動する5G移動局と5G基地局の間の無線通信回線を維持したまま、接続先の5G基地局を瞬時に切り替える通信中5G基地局間ハンドオーバーに世界で初めて成功
(4)時速200キロメートルで移動する5G移動局から上り4Kハイフレームレート車窓映像の5G無線ライブ中継に世界で初めて成功

今回の実験で利用した28GHz帯の周波数は、電波の減衰が大きいため電波が遠くまで届きづらく、また直進性が強いという特徴がある。そのため、5G基地局と5G移動局の両方に、電波の放射エリアを特定方向へ集中させるビームフォーミング機能と5G移動局の動きに合わせて電波の放射方向を制御するビーム追従機能を搭載した上でこれらを最適化し、より早い移動速度における5G無線通信回線の設定と5G無線データ伝送の高速化を図った。

さらに、5G無線通信回線を維持したまま接続先を瞬時に切り替える通信中基地局間ハンドオーバー機能を適用することで、より広いエリアにおける超高速移動する5G移動局と5G基地局の間の5G無線通信を可能にした。

世界初、時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に成功

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事