タクシー配車アプリが横浜・川崎エリアで利用可能に

ディー・エヌ・エー(DeNA)は、人工知能(AI)を活用する次世代タクシー配車アプリ「タクベル」を神奈川県タクシー協会と共同で、神奈川県横浜・川崎エリアにおいて2018年4月19日に正式にサービスを開始した。

スマートフォン向けアプリであるタクベルは、対応する乗務員専用端末とセットで、タクシーの配車をスムーズに行えるサービス。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことが可能。

周辺を走行中のタクシーをリアルタイムに可視化して表示するため、空車走行中のタクシーを簡単に確認できる。また、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能を実装している。

さらに、車内決済や全車両でネット決済に対応し、事前のクレジットカード登録で降車時の支払い・領収書受け取りなとの煩わしい手続きが不要で、目的地に到着と同時にスムーズな降車を可能にするという。

また、タクベルにはAIを活用する「需要予測システム」を導入予定。既に2017年9月から10月まで横浜市の一部地域でI・TOP横浜の取り組みを活用した実証実験を実施しており、その結果を踏まえた機能改善を実施する。マルチエージェント深層強化学習を走行ルート推薦に応用する計画。

AIを活用する次世代タクシー配車アプリ「タクベル」 神奈川県横浜・川崎エリアで4月19日より正式サービス開始


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事