信用金庫向けオープンAPIサービスを提供開始

日本ユニシスは、勘定系システム「SBI21」を採用する信用金庫向けに「オープンAPIサービス」を2018年度から開始する。朝日信用金庫をはじめ複数金庫にて採用されており、2018年4月16日には京都中央信用金庫でサービス提供を開始した。

信用金庫向け勘定系システムであるSBI21(Strategic Banking Integrated-System:エス・ビー・アイ21)は、日本ユニシスが地域金融機関の勘定系システム分野で培った専門業務ノウハウを最大限に活用し、制度変更対応や新機能追加など継続的な機能向上を支援している。これまで20以上の信用金庫で採用されてきた。

オープンAPIサービスでは、金融機関その他フィンテック事業者が提供するバンキングアプリをAPI経由で信用金庫口座と直接連携する。口座保有者はインターネットバンキングの契約が不要で、残高照会や明細照会を利用可能。また、今後は振込や振替を提供する予定。

また、フィンテック事業者が提供するスマホ決済サービスを、API経由で信用金庫口座と直接連携し、預金口座から決済代金をリアルタイムに引き落とす口座ダイレクト決済サービスを提供する計画だ。

日本ユニシスでは、オープンAPIサービスを皮切りに、信用金庫向けサービスプラットフォームの段階的な拡充を図り、地域の生活者や企業のニーズに沿った新しいサービスを提供可能とすることで、信用金庫のビジネスモデル変革と新たな収益機会の創出を支援していく考え。

日本ユニシス 信用金庫向け勘定系システムの「オープンAPIサービス」を開始


カテゴリー: 情報通信 , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事