スタートトゥデイ専用物流施設「プロロジスパークつくば1-B」の起工式を挙行

物流不動産の所有・運営・開発事業を手掛けるプロロジスは、茨城県つくば市において、日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの専用物流(BTS型)施設「プロロジスパークつくば1-B」の起工式を執り行った。

プロロジスパークつくば1-Bは、2017年8月に着工した「プロロジスパークつくば1-A」との2棟からなるスタートトゥデイの専用物流施設「プロロジスパークつくば1」として、同じ敷地内に開発された。両施設の総延床面積は約14万平方メートルとなり、プロロジスのBTS型物流施設の開発実績として最大規模となる。

プロロジスパークつくば1-Bは、圏央道「つくば中央」ICから約5キロメートル地点に開発される。北関東方面への配送に加えて、常磐道「谷田部」ICから約10キロメートルに立地するため、都心方面および仙台方面へのアクセス利便性も高い点が特徴。

4階建て延床面積約7万1,000平方メートルの物流施設として開発される。1階および3階にトラックバースを設け、スロープで大型車両が3階にアクセス可能な設計とする。

2018年2月には、圏央道「境古河」IC~「つくば中央」IC間が開通し、都心部から放射状にのびる東名・中央・関越・東北・常磐・東関東の6つの自動車道が接続された。これにより、都心部を経由することなく東西広域および東日本全域をカバーすることが可能になり、広域戦略拠点としてのポテンシャルが期待できるという。

プロロジス、スタートトゥデイ専用物流施設「プロロジスパークつくば1-B」の起工式を挙行


カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事