ホテルにおける人型ロボットを活用した

サイバーエージェントにおけるAI技術の研究開発組織「AI Lab」と、大阪大学基礎工学研究科 石黒浩教授との共同研究講座は、東急不動産ホールディングスとの3社共同研究プロジェクトとして、ホテルにおける人型ロボットを活用した実証実験を開始し、第1回目の実験結果を発表した。

研究プロジェクトでは、人型ロボットによるホテル宿泊客への接客を実現するために、東急不動産ホールディングスの東急ステイ高輪を検証施設とし、卓上型対話ロボットの「CommU(コミュー)」と「Sota(ソータ)」を用いた接客実験を3月19日から3月30日までと 4月16日から4月27日までの2回に分けて実施する。

サイバーエージェントでは、研究における人型ロボットは、"新しいおもてなし"の提供を実現できる可能性があり、"新しい広告媒体"となる可能性があると説明する。今回の実証実験の狙いは、実際のホテル環境において、ロボットがどのような場所でどのようなふるまいをすれば人に受け入れられるのか、また、ロボットが提供する情報を人が取り入れやすくなるのか、その知見を獲得することにあるという。

具体的には、東急ステイ高輪の2階フロアの廊下とエレベータ前に、卓上型ロボットのCommUとSotaを配置し、外部カメラで人を検知すると、適切なタイミングで人に対し声かけや挨拶を行った。

被験者への調査を行った結果、「ロボットに積極的にいてほしいわけではないが、いる分には威圧感はなく、むしろ楽しい気分になる」ということが示された。同社は、ホテルという空間においても、「人に対し積極的に話しかけるロボットの存在は自然に受け入れられる」ということを意味し、ロボットと人が調和的に関わるという世界観の根底にある仮説を確認できた有用な結果であると考えている。

2回目以降の実証実験では、ディープラーニングによる画像認識技術や無線端末による個人識別技術などを用いて、人型ロボットが顧客に対し個人の属性や状況に適した案内をしたり、間をつなぐ雑談を行うなど、これまでよりも深いコミュニケーションをホテルのあらゆるシーンにおいて検証を実施する。

人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」、大阪大学 石黒教授との共同研究 講座にて、東急不動産ホールディングスとの実証実験を実施


カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事