宅配物の増加・再配達の問題に対応する新たな機器を導入

三井不動産レジデンシャル、丸紅は、パナソニック エコソリューションズ、フルタイムシステムの協力により、配達効率を向上させるマンション内物流システムを構築し、現在建設中の分譲マンション「ザ・タワー横浜北仲」での導入を決定したことを発表した。

マンション内物流システムでは、宅配スタッフがマンション共用部に常駐する。複数の宅配事業者からの荷物を集約することで、各住戸へ複数の荷物をまとめて配達、受け取りができる。また、不在の場合もマンション内の物流センターで荷物を預かり、在宅時にまとめて配達するため再配達もスムーズに行える。

宅配スタッフの携帯電話から直接各住戸内のインターホンに連絡できるようにインターホンシステムを改良し、宅配スタッフの携帯電話から各住戸内のインターホンに直接連絡できるようにすることで、在宅確認から訪問までにかかる時間の短縮化を図る。

さらに、宅配ボックスを改良し、荷物が入っているボックスに追加で入庫できるようにすることで、ボックススペースを効率的に利用し、宅配ボックス満杯による再配達を減らす。

マンション内物流システムを構築


カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事