IoTシステムへの不正接続・通信を遮断する可視化サービス、NEC

NECは、工場や店舗などでの設備稼働管理、監視カメラ、コネクテッドカー、医療やヘルスケアといった様々なIoT(モノのインターネット)システムを構成するエッジやデバイスにおいて、不正な接続・通信を見える化し遮断できる「IoT Device Security Manager」の提供を開始した。

IoT Device Security Managerは、IP(インターネットプロトコル)通信に加え、従来のICTシステム向けセキュリティ対策の適用対象外であるデバイス特有の非IP通信による接続方式であるUSB、Bluetooth Low Energyなども対象に、エッジやデバイスにおける接続・通信の状況を見える化し、そのアクセス制御を可能にする。

専用のエージェントをIoTシステムのエッジに組み込み、許可するIP通信と非IP通信の接続デバイスをホワイトリストに登録し、それをエッジごとに設定する。クラウドやオンプレミス側にあるマネージャーに繋がっていない状態でも、エッジやデバイスのアクセス制御をエッジ単独(スタンドアローン)で実行可能にする組み込み用ソフトウェアだ。

許可するIP通信や非IP通信の接続デバイスを登録するホワイトリストは、マネージャー側から動作モードを設定するだけで自動的に作成できる。

また、分散配置されているエッジやデバイスの接続・通信の状況をリモートから集中的に監視可能。これにより、IoTシステムのセキュリティ管理や運用を容易化・省力化が図れる。

近年、IoTシステムが脆弱性を突かれる攻撃を受け、マルウェアの感染による機器の不正制御や乗っ取られた機器を踏み台にした大規模なサービス妨害攻撃が実行されるなど、影響が広範囲かつ甚大な被害が増加している。

影響を最小限に留めるために、デバイスの異常を即座に検知し対処できる対策が重要となる。また、IoTシステムは、従来のICTシステム向けセキュリティ対策が適用可能なIP通信とは異なる、デバイス特有のネットワーク接続方式への対応が求められる。さらに、従来のデータセンター、サーバルーム、オフィスなどに設置されるICTシステムと異なり、管理・運用者がいない場所での利用を前提としたセキュリティ対策が必要とされている。

NEC、IoTのエッジやデバイスの不正アクセスを見える化し遮断する「IoT Device Security Manager」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事