血圧計を開発したいユーザー向けの「血圧測定評価キット」

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、ヘルスケア向けソリューションの一環として、血圧測定に必要なほぼ全ての機能をパッケージ化した「血圧測定評価キット」を開発した。血圧計を開発したいユーザー向けに提供する。

評価キットは、圧力センサー、カフ(腕帯)、ポンプ、電磁弁、LCDパネルのほか、血圧測定に必要なアナログ機能を内蔵したRL78マイコンの新ASSP(Application Specific Standard Product)を搭載したボードなどのハードウェアと、リファレンスソフトウェアと開発ツールから構成される。

圧力センサーやポンプ、電磁弁やPWMの制御は、GUIツールから設定する。システム構成が同じであれば、ユーザーの開発した実機においてもGUIツールを用いてシステム評価を行うことが可能。血圧測定においてカフの圧力波形から脈波の波形を抽出するために必要なIIRデジタルフィルタ演算もGUIツールを用いてシミュレーションできる。

また、BLE(Bluetooth Low Energy)モジュールも搭載しているため、測定データをContinua準拠のBPM(Blood Pressure Monitor)プロファイルでスマートフォンに送信することも可能。

血圧測定評価キットは、参考価格5万9,800円/個(税別)で2018年5月10日より受注を開始する。

昨今の健康志向の高まりから、血圧計は家庭へ浸透しつつあり、さらにウェアラブル端末としても普及が進む見込み。この市場の拡大に伴い、従来、血圧測定システムを開発した経験がないユーザーが、IoT(モノのインターネット)機器の一環として開発するケースも増加しつつある。

しかし、測定に必要な波形を抽出するフィルタリング機能など、血圧測定には独自のノウハウが必要となる。ルネサスは、早期に血圧測定システムを開発できるよう、実際の血圧計に近い機能を搭載したオールインワンソリューションとして血圧測定評価キットを開発した。

購入後すぐに評価を開始できる「血圧測定評価キット」を発売

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事