デンソー、次世代のモビリティサービス開発でオンザロードに出資

デンソーは、MaaS(Mobility as a Service)システムの技術開発を加速させるため、クラウドやエッジコンピューティングなどで次世代のソフトウェア開発を行うオンザロードへの出資を発表した。出資額は1.6億円、出資後の出資比率は14.88%となる。

MaaSとは、人やモノの移動における需要者と供給者をマッチングすることで、最適な移動手段の組み合わせを提供し、予約や決済など必要な手続きも一括して行う仕組み。車を持たない人でも、簡単に移動サービスを利用し自由に移動でき、さらに物流の効率化などが可能となる。

今回出資を行うオンザロードは、従来から通信やクラウドを使った大規模なシステム開発において実績があり、次世代のモビリティサービスに必要となる基幹技術の開発において高い技術力を有している。

今後デンソーは、オンザロードの技術力や開発リソースを活用することで、MaaSシステムの開発体制を強化し、ソフトウェア技術開発を加速させる。これらの技術により自動車メーカーやサービス提供者の製品開発、サービス開発の成功に貢献する考え。

デンソー、MaaS(Mobility as a Service)領域の技術開発を加速させるため、オンザロード社に出資


カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事