業務の自動化、RPAの次のステージへ

日本ではいま様々な職場で「働き方改革」が進められていて、各組織は生産性の向上などを目指している。主要ツールの一つとして、ソフトウェア・ロボによる業務の自動化、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が注目されている。

RPAは人に代わって、表計算ソフトやERP(経営資源計画)、メールソフトなど複数のアプリケーションをまたがって処理する「業務プロセス」を自動で行う。ルールに基づく定型的な作業の繰り返しには適しているものの、ルール外のデータが入力されたり、必要な情報が入力されていなかったりといった場合には、人手による補正作業が発生――これが難点だという。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)はNTT Comの自然言語解析AIエンジン「Communication Engine "COTOHA®"」を活用したロボティック&コグニティブオートメーション(R&CA)サービスを本日より開始する。DTCはこのサービスを効果的に利用するための提案、企画構想、業務コンサルティングや、PoC(概念実証)から本格導入、運用・保守までを提供する。

現在主流のRPAの次のステージとして位置づけられる。R&CAでは、認識技術や自然言語解析技術、学習機能などのコグニティブオートメーションによって、曖昧な情報や不足している情報、データ化されていない情報を補い、ロボティクスと連携することで、より高度に業務の自動化を実現する。今回、日本語での対話が可能なCOTOHA®により、RPAとは一線を画したユーザビリティを達成している。

「様式に合わせた"記入"が不要」、「音声認識や音声合成との組み合わせにより、声だけで指示や確認が可能」といった特長を備えていて、チャットなどの中から必要なデータを読み取ってシステムへ投入したり、COTOHA®との会話のみですべてのプロセスを完結したりもできるという。

自然言語解析AIエンジン「COTOHA®」を活用した次世代RPAサービスの提供を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事