日豪間の水素サプライチェーンの構築に着手、川崎重工ら

川崎重工業、電源開発、岩谷産業、丸紅は、豪AGL Energy Limitedとともに5社でコンソーシアムを組み、豪州政府の資金支援が決定したことを受け、豪ビクトリア州ラトローブバレーの褐炭から製造された水素を液化し、日本へ輸送する国際的なサプライチェーン「Hydrogen Energy SupplyChain Project」構築の実証事業に取り組む。

豪州政府の補助金を受けて、水素ガス精製、液化水素製造、陸上輸送・積出のパイロット実証と、水素サプライチェーンの商用化に関する検討を実施する。実証設備の建設は、2019年から順次開始予定。最初の水素製造および輸送試験は、2020年から2021年の間に実施を計画している。

輸送機器製造や各種産業用プラント建設の実績を有する川崎重工は、今回の実証において、日本における水素のトップサプライヤーである岩谷産業とともに、液化水素積荷基地の建設および運用評価を担当する。

また、クリーンコール技術に実績のある日本最大の卸電力会社であるJパワーは、褐炭をガス化し、製造された水素ガスの精製設備を担当。さらに国際的なエネルギー流通のノウハウと実績を持つ丸紅は、それぞれの実証を基に将来の商用サプライチェーン構築に向けた具体的な道筋を構築する。豪州を代表する大手総合エネルギー企業であるAGLは、褐炭の供給とガス精製設備の建設地を提供する。

コンソーシアム5社は連携し、豪州政府の補助金を受けて、実証事業を効率的に進めていく。

水素サプライチェーン(日豪間)構築の実証事業に着手


カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事