2021年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,431億8,600万円

IDC Japanは、国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表した。2021年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,431億8,600万円、2016年~2021年の年間平均成長率を10.5%と予測する。

IDCでは、2021年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額を1,431億8,600万円、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を10.5%と予測している。セグメント別では、大容量データを効率的に管理、活用できるスケールアウトソリューションへのシフトが進み、スケールアウトソリューションの2016年~2021年における支出額のCAGRを22.3%とみている。

2017年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の支出額は、929億2,100万円となり、前年比成長率は7.1%となる見込み。IDCによると、2017年は、スケールアウトソリューションへのシフトがより一層進んだという。

ファイルストレージにおけるスケールアウト比率の上昇が続いたことに加え、スケールアウトオブジェクトストレージにおける商用ソフトウェアを用いた「Software-Defined Storage」の構築が堅調を維持したことがその要因だと説明する。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ シニアマーケットアナリストの宝出幸久氏は「デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴って、データが急速に増加すると共に、ビジネス価値の創出を目的としたデータ活用の重要性が高まる。データの急速な増加や、新たに発生する大容量データの管理に対応すると共に、コグニティブ/AIシステム技術を活用した高度な分析ニーズへの対応が普及の鍵となる」と述べている。

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表

カテゴリー: 情報通信   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事