Sigfox対応のIoT無線ユニットを提供開始、オプテックス

オプテックスは、既存のセンサーデバイスやスイッチなどを接続させることで、すばやく簡単にIoTソリューションに活用できるIoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」のパルス信号対応版を提供開始する。

Sigfoxは、IoT向けのLPWA通信規格の一つ。欧米を中心に36カ国で展開中、2018年までに60カ国に増加する予定であり、LPWAを代表するグローバルな通信規格として各国で導入が進んでいる。

IoT無線ユニットは、人感センサーや温度センサーなどの様々なセンサーデバイスやスイッチを接続することで、既存のセンサーデバイスを簡単にIoT機器として使用することを可能にする。これにより、新しいIoTセンサー開発に伴う投資を抑えられ、既存システムを生かしたIoTビジネスやサービスをスムースに立ち上げられる。

同社のセンサーのみならず、様々なメーカーのセンサーデバイスやスイッチとも接続できる汎用性を有するIoT無線ユニットは、早期にIoTビジネスを実運用できるキーデバイスとして位置付けている。

電池駆動モデルは、アラームモードで最大約5年、パルスモードで最大約10年の寿命。また、外部電源タイプも用意している。

既存のセンサーやスイッチを簡単にIoT化

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事