機械学習を活用した分析業務の自動化を支援

NTTデータ、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)、DataRobotは、企業における様々なビジネスの課題解決に人工知能(AI)を活用するサービスを、ネットワークやデータセンターを含めたフルスタックソリューションとして2018年4月から提供開始する。

同サービスでは、NTT Comが提供する企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」上で、DataRobotの機械学習自動化プラットフォーム「DataRobot」をAIエンジンとして運用し、NTTデータが提供する分析自動化サービス「AICYCLE」を組み合わせて提供する。

これにより、強固なセキュリティ環境を速やかに立ち上げ、様々な業務領域に機械学習を適用していくことが可能になる。また、企業におけるデータ分析業務の自動化を支援する。さらに、NTTデータは、NTT Comとの連携により同サービスをネットワークやデータセンターを含めたフルスタックのソリューションとして提供する。

昨今、企業のビジネス改革に対するAI活用の期待が高まっており、機械学習をはじめとするAI技術の進展に伴い、将来の需要予測や新たな顧客開拓への活用が進んでいる。企業が保有する膨大かつ機密性の高いデータを扱うAIの導入に当たっては、セキュリティ面を含めた十分な検討が必要となる。

その一方で、例えばビッグデータがどのようなビジネス効果を生むのか、AIを活用した実証実験を実施するものの、実際の業務に求められるセキュリティレベルとの違いから再検討が必要となるなど、実証実験後の実業務や商用サービスへの展開に時間を要するケースが多く生じている。

また、AI活用の要となるデータ分析を行うデータサイエンティストが不足しており、環境変化を適切にとらえたAIのメンテナンス、AIを適用する業務を増やすことが難しいという課題があった。このような背景からデータ分析の自動化に対してニーズが高まっている。

NTTデータ・NTT Com・DataRobotが協業し、企業におけるAI活用を加速するフルスタックソリューションを提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事