IoT×AI、ディープラーニングで感情を推し量る

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代の幕が開け、人工知能(AI)がパワーアップしてやって来た。今、これら先端技術を活用して、産業システムや社会のしくみを革新する取り組みが始まっている。

超スマート社会をめざす日本では、内閣府が「第4次産業革命のインパクト」として、IoTやAIなどによる変化を解説している。

きょう、OKIは、ディープラーニング(深層学習)を用いて、「人の自然な表情や振る舞いから人の潜在的な感情を推定する技術」の研究開発を開始――この技術の精度向上のため、'18年度中にはPoC(概念実証)によるフィールド実験を行い、その結果を踏まえ、利用者の感情に合わせた高度なサービス提供が可能な「感情推定による対話型システム」への適用を検証し、'20年度の実用化を目指すと発表した。

「感情推定技術」とは、表情やしぐさ、視線など人間が自然表出するデータをもとに感情を推定するものであり、今回開発する技術では、焦りや困惑、興味や関心などの人の潜在的な感情領域で、対話型システムの利用シーンにおいて必要とされる感情を推定する。

たとえば、公共施設や商業施設に設置されるKIOSK端末への適用では、操作映像から利用者が焦っていたり困惑したりしていることを検知すると、有人オペレーターにつないでチケット購入などの支援が行えるようにする。また、サイネージシステムへの適用では、コンテンツに関心をもって立ち止まっている人を検知すると、システムから話しかけ、対話を通して興味や関心を判断しながら店舗や商品を提案していくことで、多様なニーズをもつ利用者の満足度向上を実現するという。

同技術に関して、最先端の画像認識技術を有するOKIは、ディープラーニングを用いた画像解析技術を有するLaboro.AIと共同で、システム操作時における感情推定アルゴリズム(機械学習モデル)の研究開発を進めていく構えだ。

ディープラーニングを用いた「感情推定技術」の研究開発を開始|OKI-沖電気工業株式会社

カテゴリー: 情報通信 , ロボット   

加藤 賢造

加藤 賢造 (Kato, Kenzo)Author

外資系大手IT企業の立ち上げからフィールドマーケティングやSE、上級管理職などを歴任して、米国スタートアップ(のちにNYSE上場)の日本法人代表取締役を務めたあと、現在、フリーランスコンサルタント兼ライター

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事