「Docker」を利用したホスティングサービスを提供開始、さくらインターネット

インターネットインフラサービスを提供する、さくらインターネットは、米Dockerが開発するコンテナ型仮想化技術「Docker」を利用した新たなホスティングサービス「Arukas(アルカス)」を提供開始した。

Dockerは、Docker社から2013年に公開されたオープンソースのコンテナ型の仮想化ソフトウェア。Dockerで実現されるコンテナ型仮想化技術は、これまでの仮想化技術に比べ、オーバーヘッドの大幅な削減に成功し、サーバリソースをより効率的に利用可能。また、様々なOSに対応しており、開発環境の整えやすさや使い勝手の良さから、世界中の開発者に広く利用されている。

現在はDockerを利用している開発者により、一般的なソフトウェアが初期設定されたコンテナイメージが、Docker社公式のレポジトリ「Docker Hub」に無料で公開されている。これらを利用することで設定の手間を省き、開発者はアプリケーションの開発のみに専念することができるという。

Arukasでは、Docker Hubで共有されているコンテナイメージを利用して、簡単にコンテナインスタンスを作成/起動できる。直感的に操作できるシンプルなコントロールパネルで、複数台のコンテナインスタンスの管理も容易に行えるほか、サービス規模の拡張に合わせてすぐにリソースを増減できる。個人・法人問わずあらゆる規模のユーザーが利用可能だという。

Arukasは、これまで無料で利用できるオープンβテストを実施しており、2018年3月26日の正式提供時点で約10,000ユーザーの登録となっている。さくらインターネットは、「やりたいことをできるに変える」の理念のもと、サービスの提供を通じて、ユーザーが実現したいシステム開発を支援していく。

さくらインターネット、コンテナ型仮想化技術「Docker」を利用した新たなホスティングサービス「Arukas」を提供開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事