働き方改革に対応したリモートコントロールツールの機能強化

オーシャンブリッジは、リモートコントロールツール「ISL Online」のワンタイム&常駐接続型プログラム、ワンタイム接続型プログラム、常駐接続型モジュール、Web会議、サーバープログラムの提供を開始した。

ISL Onlineは、離れた場所のPC同士で画面共有を行う「ワンタイム接続」、遠隔地にあるサーバや出先でiPhone/iPadなどから社内のPCに接続可能な「常駐接続」、Web会議機能を単一ライセンスで利用できるリモートコントロールツール。セキュリティポリシーに合わせてオンプレミスライセンス、プライベートクラウドライセンス、パブリッククラウドライセンスの3つのライセンスを選択できる。

最新版では「テレワーク」「在宅ワーク」をセキュアに利用できるよう「働き方改革」に対応した機能を強化し、2段階認証ログインやワンタイム&常駐接続型プログラムのWindows 8以上の端末に対するブラックスクリーンに対応した。

また、サーバへの定期通信を行わないオンデマンドモードを実装することで、接続先の端末台数が多い大規模な環境においてサーバおよびネットワーク負荷を軽減した、より安定したサービスの提供を実現可能にした。さらにMac OSの最新版であるMac OS High Sierraのサポートを開始した。

2段階認証ログインでは、ログイン時にパスワードの入力に加えてEmail、認証アプリ(Google Authenticator)から取得する「セキュリティコード」の入力が必要になるため、なりすましによるアカウントの不正使用を防止する。また、接続開始時に接続先端末のディスプレイに黒幕を張り見えなくする「ブラックスクリーン」機能がWindows 8、Windows Server 2012以降のOSに対して実行できるようになった。

常駐接続型モジュールであるISL AlwaysOn 4.4.1746では、サーバへの定期通信を行わないオンデマンドモードを利用可能にした。接続先の端末台数が多い大規模な環境で利用する際のサーバ、ネットワーク負荷を軽減することで、より安定したサービスの提供を実現する。

ISL Online パブリッククラウドの年間基本ライセンスは15万円(税別、以下同)、オンプレミス基本ライセンスは90万円、プライベートクラウド年間10ライセンスは300万円となっている。

オーシャンブリッジ、「働き方改革」に対応したセキュリティ機能強化版リモートコントロールツール「ISL Online」のオンプレミス・パブリッククラウドライセンス最新版をリリース

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事