IoTエッジコンピューティング向け組み込みPC、コンテック

コンテックは、ホワイトリスト型セキュリティ対策ソフトを標準搭載したIoTエッジコンピューティング向け組み込み用PCを開発、「ボックスコンピュータ BX-825シリーズ」として2018年3月20日に順次出荷を開始した。

ボックスコンピュータ BX-825シリーズ(以下、BX-825)は、クアッドコアのインテル Atom プロセッサを搭載したファンレス・スピンドルレスの産業用途向け組み込み用コンピュータ。

3つのGigabit LANポートを搭載しており、工場内のフィールドバス、コントローラ間、上位情報系ネットワークといった異なるネットワーク階層を相互接続するIoTゲートウェイの用途に適する。CE/CB/UL/CCC/BSMI/KC世界の安全規格に適合しており、輸出用装置の組み込み用PCをBX-825に統一することで、開発コスト、運用コストを縮小できる。

クラウドサービスを活用したIoTシステムでは、組み込み用PCに対するインターネット接続デバイスとしてのセキュリティ対策が必要。BX-825は、「Windows 10 IoT」プレインストールモデルにホワイトリスト型セキュリティ対策ソフト「McAfee Security for CONTEC」を標準搭載する。同ソフトウェアは、「McAfee Application Control」に相当する。

不正なプログラムの実行を阻止し、ゼロデイマルウェアの攻撃から組み込みPCを保護することができる。またBX-825は、「Microsoft Azure IoT Hub」との接続テストに合格した認定デバイスで、「Azure IoT Edge SDK」で動作確認済。Azure IoTを活用したシステム構築に要する動作検証の時間を短縮できる。

ホワイトリスト型セキュリティ対策ソフトを標準搭載。IoTエッジコンピューティング向け組み込みPC「ボックスコンピュータ BX-825シリーズ」新発売

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事