車載DVRカメラ用に最適化したイメージセンサーを発表

オン・セミコンダクターは、急成長するメーカ工場装備の車載カメラ、またはメーカ/ディーラ・オプション(ビフォアマーケット)の車載DVR市場で採用実績が高い2.1 MP CMOSイメージセンサ(AR0237)のAEC-Q100完全認定済バージョン「AR0237AT」の提供を開始した。

AR0237ATは、1080p/60fpsのフルHDビデオと静止画を撮像するアフターマーケット車載カメラで、多くのメーカに採用されているイメージセンサのコストを最適化し、車載認定を取ったもの。

このアプリケーションがビフォアマーケットに移行する中、自動車の完全な動作温度範囲(-40°C~105°C)で動作可能で、適切な価格で適切な性能を提供するソリューションを求める自動車業界の需要が高まっている。

AR0237ATの低照度性能は、「Clarity+」対応DVRプロセッサと併用することでさらに向上している。オン・セミコンダクターのClarity+技術は、革新的なフィルタリングを使用して、車載イメージングソリューションのSNRを最適化することで、光の捕捉量を倍増できるという。

オン・セミコンダクターのイメージセンサ・グループで車載イメージングソリューション部門のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるロス・ジャトウ氏は、以下のようにコメントしている。

「AR0237ATは、車載認定品ではないデバイスと同様の優れた性能を提供し、ひとつのセンサで素晴らしい日中のカラー画像と夜間の近赤外線画像を撮像する。このセンサーは、高いダイナミックレンジにより、光が変化する環境下でも優れた性能を維持しており、当社は、IRカットフィルタを使用することなく、これを実現した。当社は、画像処理機能をオフチップにし、デバイスとしてAEC-Q100の認定を取得することで、自動車メーカにさらなる設計柔軟性を提供し、競争力のある価格で素晴らしい性能を達成するするソリューションの開発に成功した」

オン・セミコンダクター、メーカ工場装備の車載DVRカメラ用に最適化したAEC-Q100認定済イメージセンサを発表

カテゴリー: 情報通信 , 製造 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事