インダストリアルIoT分野でのエッジコンピューティングを促進

東芝デジタルソリューションズは、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX」の特長の1つであるエッジコンピューティングのさらなる強化に向けて、長期信頼性と耐環境性を高めた社会インフラ・産業分野向け「IoTゲートウェイ装置」を開発し、販売を開始した。

同社は、SPINEXを活用し、インダストリアルIoTの分野で、エレベーターや、大型発電機、工作機械、車両などの社会インフラ機器・産業機器を監視・制御するソリューションを推進している。

社会インフラ機器・産業機器は、通常10~20年の長期間にわたり稼動し、また、設置される環境も様々。これらの機器をネットワークに繋ぎ監視・制御するためのIoTゲートウェイ装置は、エッジ(現場)でのリアルタイム性を高める処理性能と、長期間の利用に耐える信頼性、製造現場などにも設置できる耐環境性が求められている。

IoTゲートウェイ装置は、新世代の「Intel Atomプロセッサ E3900シリーズ」を採用し、エッジコンピューティングに必要な処理性能を提供。SPINEXに基づく東芝製のエッジソフトウェアと組合せることで、IoTゲートウェイ装置上で監視制御対象機器の故障予兆を検出するなど、より高度なエッジ処理が実行可能だ。

電解コンデンサや冷却用ファンなどの短寿命部品の排除、長寿命部品の採用などにより長期信頼性を確保した。また、ヒートシンク構造筐体による放熱対策や、CPU周辺への補強板金配置による衝撃対策などにより耐環境設計を実現している。さらに、熱応力シミュレーションによる解析や、TCT(Thermal Cycle Test)、HALT(Highly Accelerated Life Test)などの信頼性試験を実施し、これら設計の有効性を確認している。

また、IoTゲートウェイ装置内部への直接アクセスにより、装置を不正解析・改ざんされるような脅威から装置を防御する耐タンパ性設計を実施。不要な外部インターフェースを使用禁止にできる機能、ストレージデータに対する不正参照や改ざんを防止するOSセキュアブート機能、CPUやメモリなどの主要部品の電気信号を直接観測させない基板配線の内層化などを実装した。

社会インフラ・産業分野向け「IoTゲートウェイ装置」を発売

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事