LPWA方式3種を同時に使用するテストベッド

情報通信研究機構(NICT)は、スマートIoT推進フォーラム技術戦略検討部会 テストベッド分科会において、Sigfox、LoRa、Wi-SUNの3種類が同時に使える「LPWAテストベッド構想」をまとめた。

この構想を基に横須賀市にハイブリッドLPWAテストベッドを構築し、横須賀テレコムリサーチパークが2018年4月にサービスを開始する。

ハイブリッドLPWAテストベッドは、IoT(モノのインターネット)事業を検討している企業の要望に応えるため、Sigfox(京セラコミュニケーションシステム)、LoRa(さくらインターネット)、Wi-SUN(YRP研究開発推進協会 WSN協議会)の3種類のLPWA方式の技術実証と社会実証が同一条件下で可能な環境となっている。

これにより、例えば、企業は自ら実証環境を構築することなくコストと時間をかけずに、IoT事業に適したLPWAを選択することができるため、IoT事業のサービス展開の加速が期待される。

具体的なテストベッド環境について、横須賀市役所とYRPセンター1番館の屋上に、Sigfox、LoRa、Wi-SUNの3方式の基地局を設置し、市内の5カ所に設置された疑似センサーデバイスから同一環境、同一条件でデータを集め、地形や気象条件による通信特性の変化、通信品質への影響などを確認できる。また、利用者の子局をテストベッドの基地局に収容することも可能。

さらに、横須賀市内全域をカバーする基地局設置、サポートするLPWA方式の拡充、利用者持ち込みデバイスからの実証実験、ハイブリッドクラウド環境の検討、CATVやドローン、防災といったアプリケーションとの連携について検討していく予定。

横須賀市におけるハイブリッドLPWAテストベッドの構築と利用開始について

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事