Hondaの新型ゴールドウイングシリーズにナビが採用

ハーマンインターナショナルは、2018年1月12日に発表された本田技研工業のフル・モデルチェンジされた大型プレミアム・ツアラー「Gold Wing Tour」、「Gold Wing」に、同社のインフォテイメントシステム/ナビシステムが採用されたことを発表した。

新型「ゴールドウイング」シリーズは、モーターサイクルが持つ魅力の原点に立ち返り、「走りの高揚感」「操る楽しさ」の実現のために車体とエンジンを新開発。機能性と上質さを追求したコンパクトなデザインに加え、数々の先進装備を採用するなど、パッセンジャーとともに最上の感動を共有できるモーターサイクルとして、17年ぶりに全面刷新を図った。

世界最大のオーディオメーカーであるハーマンインターナショナルは、同時に世界有数の車載インフォテイメントシステムのリーディングサプライヤーでもある。現在世界中のカーメーカーとオートバイメーカーにナビ・インフォテイメントシステムを供給している。
今回、新型ゴールドウイングシリーズに採用されたシステムは、性能、デザイン、UIなど、全てを生まれ変わったゴールドウイングシリーズのために専用設計されている。

二輪車で世界初の「Apple CarPlay」に対応し、携帯端末・ヘッドセット(ライダー、パッセンジャー)をBluetoothで接続可能にした。また、全モデルにUSBポート1つを標準装備、USBポート・AUXポート各1つをオプション設定できる。

ハーマンインターナショナルのインフォテイメント/ナビシステムがHondaの新型ゴールドウイングシリーズに採用

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事