震度6強以上の地震発生確率を簡単チェック

ウェザーニューズは、東日本大震災から8年目を迎えるに当たり、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の特設サイト「減災特集2018」で、「大地震の発生率」の提供を開始した。

大地震の発生率は、防災科学技術研究所が公開している「確率論的地震動予測地図」を基に、GPS機能を用いて現在地における、今後30年以内の震度6強以上の地震発生確率を無料でスピード診断するというもの。診断結果は、250mメッシュの高解像度データを基に表示され、大地震発生の可能性が高い地域をピンポイントで確認することが可能。

診断結果ページでは、大地震発生の可能性の高さに応じて、0.1%未満、0.1~3%、3~6%、6~26%、26%以上の5段階でマップを色分けしています。マップは250mメッシュの高解像度データを基に表示されるので、大地震発生の恐れがある地域をピンポイントで確認できるという。同社によると、離れて暮らす家族が住む場所はもちろんのこと、引っ越しを考えている地域の大地震発生確率を事前に確認できるという。

ウェザーニューズが提供する特設サイトである減災特集2018では、地震や津波に関するコラムを中心に、いざという時に備えるための減災・防災情報を取り揃えている。

「おすすめメニュー」の「減災診断」では、浸水想定区域と土砂災害想定区域を基に、GPS機能を用いて現在地における「災害可能性レベル」を無料で診断する。浸水と土砂災害に関する危険度をマップ表示し、どのような場所で災害が発生する恐れがあるのかを把握できる。

また、「過去のリポートマップ」では、過去に寄せられた被害報告から、地域の被害特性を把握可能。さらに「自治体提供情報」では、指定避難所マップも閲覧できる。

大地震の危険度を無料でスピード診断する『大地震の発生率』を提供開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事