公営競技初 自分好みの視点でのボートレース視聴が可能に

NTTデータは、ボートレースの広報、ボートレースの事業の運営支援などの役割を担うBOAT RACE振興会と共同で、BOAT RACE江戸川を対象に、公営競技初となる「ITを利用した新たな顧客サービス」の実現に向けた実証実験を開始する。

BOAT RACE江戸川で開催される「ITスタジアムイベント」来場者に向けて、専用アプリを用いたボートレース専用コンテンツを提供することで、ITを活用した来場促進の有効性について検証する。

また、来場者情報を取得することで、ボートレースファンに求められているコンテンツを的確に把握し、今後のファンエンゲージメント向上やマーケティング施策の高度化につなげる考え。

主な提供コンテンツは以下の通り。
(1)QRコードを用いた入場チケットレス化
(2)自分好みの視点によるレース視聴、実況サービス:マルチアングルの動画をリアルタイム配信し、普段の実況では見られないアングルのレース映像が体験できる
(3)人気レーサーによる来場者限定ムービーの提供:GPSを使った本場判定機能で、本場内のみで閲覧・体験可能なコンテンツを配信する
(4)来場時に貯まる電子スタンプポイントによる電子クーポン配布
(5)アプリ内ゲームと、ボートレース場の連動による顧客サービス:ガラポンゲームの提供により、当選したファンには、レース場でもらえるプレゼントを提供する
(6)デジタルフォトブースサービス:自分自身がボートに乗って、ボートレーサーになりきった写真を撮ることが可能

ボートレース業界においては、インターネットを中心とした投票の電子化が進み、ボートレース全体のファン数は増加傾向にある一方、レースが行われるボートレース本場の来場者数が減少傾向にあるという課題を抱えている。

昨今、野球やサッカーと言った大型の施設を擁するスポーツにおいては、電子チケットや今までにない新たな視点の映像、ITを用いた新たな体験をユーザーに提供することで、集客、来場促進につなげた成功事例が多く生まれている。

スポーツ庁、経済産業省が2017年6月に発表した「スタジアム・アリーナ改革ガイドブック」においても、運営におけるITの活用の重要性が明記され、スポーツ業界におけるITの役割は高まる一方だ。

NTTデータは、ボートレース業界の来場者減少に関する課題に対し、自社が培ってきたボートレース関連システム開発の知見と、スポーツや映像に関するノウハウを結集し、ITを活用したコンテンツ提供に向けた実証実験を行う。

ボートレースの新たな観戦スタイルを実現するスマホアプリの実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事