クレジットから口座振替などの決済手段に1台で対応

セイコーソリューションズは、最新のセキュリティ規格「PCI PTS 5.x」に準拠し、1台で多彩な決済手段に対応可能なモバイル決済端末の新製品「AT-2300」を開発し、2018年7月に販売開始すると発表した。

AT-2300は、1999年以降およそ20年にわたり無線決済システムで実績のあるセイコーソリューションズが、2020年に向けてキャッシュレス化が加速する中、拡大する電子決済のニーズに応え開発したモバイル決済端末。

磁気・接触ICクレジットカード、銀聯カードに加え、電子マネー、海外で普及が進む非接触ICクレジットカード、カメラ機能搭載によるQRコード決済など各種決済に対応。また、物販に限らず、口座振替やクレジット継続払いの登録まで、1台で幅広い用途に利用できる。

メイン画面に大きなタッチパネル液晶、背面にPINパッドを装備した本体は、高速LTE通信モジュール、バッテリー、プリンターを内蔵しており、持ち運んでの利用に適しているという。また、飲食店のテーブル会計はもちろん、訪問販売やイベント会場、宅配サービスなど場所を選ばず使用できる点が特徴だ。

加盟店はAT-2300を導入することで、「改正割賦販売法」で求められる決済端末のICカード対応が可能になる。また、クレジット継続払いの登録も同様にICカード対応できる。AT-2300が接続するCREPiCO(クレピコ)情報処理センターは、PCI DSSに準拠しており、堅牢にデータを管理するという。

セイコーソリューションズは、AT-2300を活用したソリューションで、より安心、便利な決済環境を実現するとともに、アプリケーション、端末、データセンターの提供により、決済ソリューションをワンストップでサポートできる強みを生かし、今後も加盟店に向けた付加価値を提供していく考え。

最新のセキュリティ規格に準拠したモバイル決済端末「AT-2300」を新発売

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事