あらゆる企業に目的特化型のデータ保護を

情報は経営資源である。そしてそのもととなるデータは、確実に保護され、管理されていなければならない。中堅・中小企業においても、大企業の遠隔拠点やブランチオフィスにおいても――。

そこできょう、デルとEMCジャパンは、エントリーレベルのデータ保護ストレージアプライアンス「Dell EMC Data Domain DD3300」を発売する。この新モデルの投入により、業界をリードするデータ保護ストレージアプライアンス ファミリーがさらに拡張されたという。

「DD3300」は、エントリーレベルのシステムとして初めて、クラウド対応によって最新鋭のデータ保護を実現する。エンタープライズクラス機能を維持したまま、特に中堅・中小企業および大企業のリモートオフィスやブランチオフィスなどのIT環境のニーズに合わせて設計された保護ストレージであり、「シンプルかつ高機能」、「マルチサイトの拡張性」といった特長も備えている。

目的特化型で、業界をリードするバックアップ、アーカイブ、災害復旧、クラウドへのデータ階層化機能を提供し、迅速かつ簡単、コスト効率に優れたデータ保護を可能にする。重複排除機能では平均10~55倍ものデータ削減を実現。保護ストレージの要件が飛躍的に軽減され、卓越した拡張性とレプリケーションにおけるWAN帯域幅の大幅な節減が可能になる。「DD3300」上のデータは、Dell EMCの高度なデータ検証と暗号化機能によって継続して保護・保全されるだけでなく、「Data Domain」の幅広いエコシステムも享受できるという。

デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供され、既存ユーザーは従来システムの技術的性能をアップデートできる。「DD3300」は、前世代モデルよりも1.5倍のパフォーマンス、5.6倍のスケーラビリティを実現しているとのことだ。

Dell EMC、中堅・中小企業や大企業のリモートオフィス/ブランチオフィス向けのデータ保護ストレージアプライアンス「Data Domain DD3300」を発表

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事