ヒトES細胞由来網膜の移植後機能を確認

理化学研究所(理研)、実験動物中央研究所(実中研)、大日本住友製薬再生などの共同研究グループは、ヒトES細胞(胚性幹細胞)由来の網膜組織を重度免疫不全マウスの末期網膜変性モデルに移植して、形だけでなく機能的にも成熟することを確認したと発表した。

理研 多細胞システム形成研究センター網膜再生医療開発プロジェクトの万代道子副プロジェクトリーダー、実中研 動物資源基盤技術センターの高橋利一センター長、大日本住友製薬再生・細胞医薬神戸センターの岸野晶祥センター長らの共同研究グループが発表。研究成果は、米国の科学雑誌『Stem Cell Reports』電子版に掲載された。

網膜色素変性は遺伝的原因により、網膜周辺の視細胞が変性・消退していく疾患で、徐々に視覚が失われていく。光を感じない末期の場合は、現在のところ有効な治療法はない。

ヒトのES細胞やiPS細胞から網膜細胞が効率よく分化誘導されるようになり、その臨床応用が期待されている。理研の研究チームはこれまでに「マウスのES細胞/iPS細胞由来の網膜組織を末期のマウス網膜変性モデルに移植し光が分かるまで改善させる」こと、「ヒトES細胞由来の網膜組織をラットやサルの視細胞変性モデルに移植し形態的に成熟させる」ことに成功している。しかし臨床応用に当たって、ヒトのES細胞の移植片が光に応答するかどうかの検証が残っていた。

今回、理研を中心とした共同研究グループはまず、拒絶反応を全く示さない重度免疫不全マウスの末期網膜変性モデルの作製に成功し、移植後の機能検証を可能にした。ヒトES細胞由来の網膜組織をこのマウスに移植したところ、半年後には成熟した視細胞の生着、高感度で光を捉える外節構造の形成、視細胞が光を感じるために必要な視物質(オプシンやロドプシン)の存在を確認した。さらに、移植先の網膜を摘出し多電極アレイシステムを用いて調べたところ、光に対する反応を確認できた。

本成果は、ヒトES細胞から分化誘導した網膜組織が臨床応用に使える可能性を示している。今後はヒトiPS細胞、臨床で実際に用いる細胞や分化方法などで同様の追試と安全性試験を行った上で、ヒトに移植し機能・効果を確認することになるという。

ヒトES細胞由来網膜の移植後機能を確認

カテゴリー: バイオ , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事