電気自動車の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術の実証実験

インフォテリア、中部電力とNayutaは、中部電力の技術開発本部(名古屋市緑区)において、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術の実証実験を実施していることを発表した。

今回の実証実験では、Nayutaが開発した、ブロックチェーンに対応した充電用コンセントと、インフォテリアが開発したスマートフォンアプリをインターネットやBluetooth でつなぎ、「いつ」「誰が」充電したのかという充電履歴をブロックチェーンに記録して、セキュリティを担保しながら管理する技術の検証を実施する。

インフォテリアによると、この技術により、少ない導入費用で信頼性の高い充電管理システムを運用することが可能になり、例えば集合住宅のオーナーに EV 等の充電設備を安価に導入していただけるなど、新たなサービスにつながる可能性があるという。

今後、今回の実証実験で抽出した技術的課題の解決を図り、ユーザーに利便性を提供するサービスの開発につなげていく。

現状、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車に興味を持つものの、充電環境が不十分であるためにあきらめている消費者が存在する。駐車場にスマートコントラクトができるコンセントを設置することで、権利を入手して電気を利用できる。

スマートコントラクトはブロックチェーンの機能の一つであり、様々な契約プロセスを自動化する仕組み。スマートコントラクトの機能を活用すると、人を介さずに契約締結できるとともに、運用履歴などが改ざんされないことを保証されるため、管理コストの削減につながる。

ブロックチェーンを使った電気自動車等の充電に係る新サービスの実証実験の実施について

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事