セキュリティリスクの可視化で事業継続の判断をサポート

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のプロフェッショナルサービスの新メニューとして、「脆弱性見える化ソリューション」を2018年6月下旬に提供開始する。

脆弱性見える化ソリューションは、システムの脆弱性を悪用したサイバー攻撃から、ユーザーの多種多様なシステムが存在するIT環境全体を守るために、システム情報および脆弱性情報を収集し、予防措置などの適切な対応を速やかに促す。

これにより、ユーザー企業はIT環境のセキュリティリスクを可視化でき、システム停止など事業継続の的確な判断が可能になるとともに、脆弱性対応を効率化し、対策レベルの統一や作業負担の軽減が図れる。

経営者は、サイバー攻撃が自社のIT環境に及ぼす影響を正確に把握し、事業基盤システムの停止など重要な判断においても、その判断の根底となるセキュリティリスクとその対処方法をリアルタイムに把握できる。また、脆弱性対応を速やかに講じることができるため、サイバー攻撃リスクの抑制にも効果があり、顧客からの信用失墜やビジネス機会の損失など、事業への影響を最小化できる。

社内に多種多様なシステムがあり、脆弱性発見時の判定基準や対策レベルが全社で統一されていない場合には、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)が日々発見される脆弱性への対応状況や自社のIT環境に及ぼす影響を迅速に把握することは困難だ。このソリューションのワークフロー機能を活用し、IT環境全体のシステム情報や脆弱性情報、対応状況を一元管理することで、CSIRTは脆弱性判定基準や対策レベルの統一を効率的に実施できる。

脆弱性対応を実施するために、システム管理者は、高いセキュリティの専門知識を求められることに加えて、各システムの脆弱性確認や対応に多くの稼働を要する。このソリューションのマッチング技術により生成される対策対象一覧をダッシュボードで確認することで、各システムにおける脆弱性の把握やリスクレベルと対処方法を容易に理解でき、システム管理者の脆弱性対応全般の作業負荷を軽減することに役立つ。

ICT環境のセキュリティ上の欠陥を速やかに特定する「脆弱性見える化ソリューション」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事