評価時間を最大3カ月短縮する産業ネットワーク機器のソリューションキット

ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、リモートI/Oやネットワーク対応ドライブ、通信モジュールなどの産業機器にネットワーク機能を付加するのに最適化された「RZ/N1Lソリューションキット」を発表した。

RZ/Nシリーズは、PLC(Programable Logic Controller)などマスター機器向けのハイエンドプロセッサ「RZ/N1Dグループ」、HMI(Human Machine Interface)などのミッドレンジ機器向け「RZ/N1Sグループ」に加えて、リモートI/Oなどのスレーブ機器向けに特化した「RZ/N1Lグループ」がある。既にRZ/N1DとRZ/N1S用のソリューションキットは提供している。

今回のRZ/N1Lソリューションキットのリリースにより、全ラインアップの評価キットが揃ったため、幅広い産業機器に対応するネットワーク機能の評価が可能になった。RZ/N1Lソリューションキットは2018年4月に提供予定。

RZ/N1Lソリューションキットは、RZ/N1Lと周辺部品を搭載した開発ボードに加え、「EtherCAT」「PROFINET」「EtherNet/IP」などの、主要な産業イーサネットの評価を即座に始められるよう、包括的なソフトウェアパッケージも同梱している。ユーザーはこれらのソフトウェアを追加費用なしで使用することができる。

また、このソリューションキットには、機器開発をシンプルにし、さらには設計リスクを低減させる汎用API(Application Programmable Interface)も含まれている。ルネサスによると、ユーザーは開発工程における製品の評価期間を最大で3か月短縮可能だという。

このソリューションキットは高度に集積化されたRZ/N1L開発ボードが特徴の1つ。このボードによりユーザーは、デイジーチェーン構成やシステムのモニタリング機能付き末端装置の実現に使用される2チャンネルのイーサネットポートなどの機能を評価できる。このボードには、コードやデータ格納用の32MBの外部フラッシュメモリ、デバッグ用ポート、プッシュボタンとLEDが搭載され、USB経由で給電できる。

ルネサスによると、このRZ/N1L開発ボードは異なる産業イーサネットプロトコルの要求に対応したハードウェアの設計ガイドラインとなっているため、設計リスクや開発遅延を防げるという。

産業ネットワーク機能の評価期間を短縮する「RZ/N1Lソリューションキット」をリリース

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事