AIチャットボットがデータ活用人材を育成

ソフトバンク・テクノロジーは、AI(人工知能)チャットボットがWebサイトの分析やアドバイスを行いながら、データ活用人材を育成する「SIGNAL AI」の取扱いを2018年4月に開始する。

SIGNAL AIは、ユーザーとチャットボットによるコミュニケーションを通じて、24時間365日いつでもユーザー企業のサイトの分析や課題発見を支援する。また、サイト改善に対するアドバイス、分析結果の深掘り分析に加えて、分析ツールの操作方法や分析手法に関する質疑応答、チャットボットの利用履歴に応じた教育コンテンツの動画配信を行う。

これにより、利用者は相談したいタイミングで、すぐに知りたいことを確認できるようになるため、企業内の担当者はマーケティング戦略やサイト改善のアクションといったコア業務の生産性向上が期待できる。

また、ソフトバンク・テクノロジーによると、企業内で基礎的なデータ分析が行える人材の育成も可能になる。コンサルティングの活用もより本質的な課題の対応に絞って行えるようになることが期待できるという。

昨今、ビッグデータの活用は企業の意思決定のベースになるほど重要とされており、データ活用人材には企業および組織内に蓄積されたデータから迅速に有用な知見を引き出し、アクションにつなげることが求められている。

しかし、データおよび分析ツールを使いこなしてデータから価値を創出できる人材の不足が深刻化しており、それによりデータ活用のためのコンサルティング需要が高まりながらも、価値を提供する側の人材にも限りがあるため、価格の増加や回答までに時間がかかる、あるいは量の負担によってコンサルティングの品質維持が難しくなるといった影響が出ているという。

AIチャットボットがトレーナーに データ活用人材を育成

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事