日本向けワンストップの越境EC物流サービス

物流プラットフォームを運営するオープンロジは、海外企業の輸入サポートから宅配までをワンストップで可能にする、日本向け越境EC物流サービスを提供開始した。

この物流サービスは、海外企業が日本向けの越境EC展開を行う際の輸入サポートから宅配までをワンストップで提供するもの。通常、日本法人のない海外企業が日本へ商材を輸入する際、輸入代行者や国内の倉庫を探したりする必要がある。そこで、オープンロジによると、輸入サポートから国内の倉庫手配、商材の保管や出荷作業の代行までを一気通貫で提供するサービスを開始したという。

2016年には、日本の消費者向けECサービスの市場規模は 15兆円を上回り過去最高となった。しかし、世界のECによる取引額は急成長し、2015年で約188兆円に達している。また、市場調査会社eMarketerによれば、2019年には現在の約2倍の387兆円まで拡大すると予想されている。

急成長するEC市場を支援するサービスでは、グローバルに向けたネットショップを作成できるサービスや海外の商材を販売するECプラットフォームなどのサービスが充実し、海外企業がより簡単に日本向けの越境ECを構築できるようになっている。しかし、日本向け越境ECを行う場合、輸入代行者と日本国内の倉庫を探す必要があり、物流面のハードルは依然として高いのが現状だという。

日本向けワンストップの越境EC物流サービスを開始

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事