完全自律移動や遠隔監視・操縦を可能にするロボットの実証実験

ZMPは、歩道走行を目指す宅配ロボット「CarriRo Delivery」に物流支援ロボット「CarriRo」を追従走行させる実証実験を実施した。また、量産に向けた戦略的パートナーの募集を開始した。

ZMPは、自動車の自動運転技術開発で培った自律移動技術を応用して物流のラストワンマイルの課題解消や、日々の買い物を手助けすることを目指し、「歩道を自動で移動する宅配ロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」を開発し、実証実験を進めている。

CarriRo Deliveryは宅配ボックスを搭載し、カメラやレーザセンサーで周囲環境を360度認識しながら最大時速6kmで自動走行し、荷物を目的地へ届ける。また、遠隔監視を行うとともに必要に応じて遠隔操作を可能にする。

今回の実証実験では、CarriRo DeliveryにZMPの物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」のカルガモ機能により追従させてZMP周辺1.2kmを走行した。CarriRoは、最大150kgの荷物を運搬可能なロボットで、前のCarriRoについていく「カルガモ」機能を搭載している。CarriRoDeliveryにCarriRoを追従させ隊列走行させることで、流通コストの圧倒的な削減が期待できる。

ZMPはカルガモ機能も含め、CarriRoDeliveryの製品化・サービス開始に向けて、量産前モデルによるサービス実証実験に向けて、戦略的ビジネスパートナーの募集を開始した。スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストア、クリーニング、飲料メーカー、自動販売機メーカー、飲食店など、配達員の人手不足で課題を抱える事業者とともに実証実験を実施、サービス開始に向けた課題の抽出や有効性について検証する。

宅配ロボットCarriRo Delivery「カルガモ」機能実証実験実施

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事