ITインフラ資源・運用をクラウドで自在にパッケージ

ユーザーを含むIT(情報技術)業界では今、システムリソースを所有するものから利用するものへと変えるクラウドコンピューティング/クラウドサービスが花盛りだ。

そんな中、パッケージソフトウェアをクラウドで利用している顧客から「CPU、メモリー、ストレージなどの容量を自由に選びたい」「任意の物理機器をクラウド環境に設置したい」「強固なセキュリティーを担保したい」などの要望を受けていたという。アイティフォーは、パッケージ導入からネットワーク構築、運用までをワンストップで利用できるIaaS型クラウドサービス、「IPaC」の提供を本日より開始すると発表した。

同サービスは、一般的なパブリッククラウドとは異なり、CPUを1コアずつ指定できるなど、メモリー、ストレージ、仮想ルーター、専用回線配線などのサーバーリソース容量を自由に選択可能。ユーザーは、必要な分だけ利用できるため月額コストを最小限に抑えられるという。ほかに、クラウド環境に所望の物理機器を設置できるといった特長を備えているため、同種の希望でコスト高の要因となる別データセンターの確保も不要となり、柔軟なシステム基盤の構築が可能とのこと。

金融機関など強固なセキュリティーを求める声に応えて、仮想サーバー単位での暗号鍵を設定。これにより、ユーザは、カード情報などの機密データも安心して預けられる。そのうえに、PCI DSSへの対応も可能となる。同サービスではまた、1つの仮想サーバーを丸ごと囲んでフィルタリングするホスト型ファイアーウォールも採用しているので、同じネットワークセグメントのサーバーでも許可がない限り相互のデータ通信はブロックされ、ウイルスの拡散防止にも有効だという。

同社は、IPaCの月額利用料を、税抜きで2,500円/1vCPUコア、1,000円/メモリ1GB、10円/ストレージ1GBといったリーズナブルな価格設定にしている。

クラウドサービス「IPaC(アイパック)」提供開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事