生産現場のモニタリング、画像処理、ロボットアイでFAに貢献

もの作りが再び脚光を浴びている。製造大国「ニッポン」では、以前から、工場の生産ラインを自動化するFA(Factory Automation)が進んでいて、近ごろ、先端的なIT(情報技術)も取り込み、現場をいっそう革新しようとする動きが広がり、加速している。

ライバルは世界中にいて、ビジネスパートナーも国内企業だけに留まらない。生産現場において、キヤノンはFAに貢献する、異常監視・録画ソフトウエア"Monitoring Edition"および画像処理ソフトウエア"Vision Edition"と、産業用カメラ"N10-W02"を来月上旬より順次発売する。ソフトウエアをシーメンス社製「SIMATIC IPC」にインストールし、ニーズに応じたカメラを組み合わせることで、さまざまなFAソリューションを構築できるという。

異常事態の予兆監視や早期復旧を支援する"Monitoring Edition"は、マイルストーンシステムズ社のビデオ管理ソフトウエア「XProtect®」に、生産設備の制御を担うPLCとの通信ができる機能を組み込み、ネットワークカメラで撮影された問題発生時の映像を切り出して外付けHDDなどに自動録画できる。見たい映像を容易に抽出でき、生産設備の早期復旧に役立つ。

画像処理技術で製造現場の作業効率化を支援する"Vision Edition"は、キヤノン製ネットワークカメラや"N10-W02"と画像処理技術を組み合わせ、バーコードの読み取り作業や、資材配置の点検などを可能にする。デンソーウェーブ製小型アームロボット「COBOTTA」と"N10-W02"を連動させることでピック・アンド・プレース作業も可能。単純作業の自動化をさらに推し進められる。

ロボットの目となる"N10-W02"は、AF(オートフォーカス)・AE(自動露出)を搭載したレンズ一体型とのことだ。

キヤノンのイメージング技術を工場の自動化(FA)に活用 2種類の製造現場向けソフトウエアと産業用カメラを発売

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事