コネクテッドカーに対するサイバー攻撃を検知・防御

パナソニックとトレンドマイクロは、今後普及が見込まれる自動運転・コネクテッドカーに対するサイバー攻撃を検出、防御するサイバーセキュリティソリューションを共同開発することに合意した。2020年以降のサービス実用化を視野に、共同開発を進める。

今回の共同開発では、アクセルやブレーキなど自動車の走行を制御するECU(Electronic Control Unit)、カーナビなどの車載インフォテインメント機器(IVI)や、自動車への情報提供サービスであるテレマティクス機器に対するインターネット経由のサイバー攻撃を検知・防御するソリューションを開発し、安全な自動運転・コネクテッドカーの実現を目指す。

具体的には、パナソニックのオートモーティブ侵入検知・防御システムのCAN侵入検知・防御技術を、監視ECUなどに実装し、ブレーキやハンドルなど自動車の走行を制御するECUへの不正コマンドを検知する。

また、トレンドマイクロのマルウェア解析技術などのセキュリティ・インテリジェンス・ノウハウを活用したIoT機器向けセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security」を、カーナビなどのIVIに実装し、インターネット経由の脆弱性を狙う攻撃パケットを検知する。

さらに、これら双方が検知した結果であるログを収集し、セキュリティ監視クラウド上の解析プラットフォームに送信し、解析。解析情報をもとに不審な通信の検知および防御につなげる。

コネクテッドカーの分野では、ハッキングにより、ハンドルやブレーキシステムを制御されるリスクがある。また、日々新たに発見される脆弱性を突いた遠隔操作の危険性も指摘されている。

個々の車両内部のみで対策するだけでなく、クラウドから常に車両に対する監視を行うことで新しい攻撃が発生していないかを分析し、その結果を全ての車両のサイバー攻撃対策に活用することが今後ますます重要となる。

パナソニックとトレンドマイクロが、コネクテッドカーのサイバーセキュリティソリューションの共同開発に合意

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事