マイナンバーカードを利用したバス優待乗車の実証実験、姫路市で

TKCは、姫路市と神姫バスの協力の下、マイナンバーカードの「公的個人認証サービス」を活用したバス優待乗車の実証実験を2月20日に姫路市内で実施する。

公的個人認証サービスとは、オンラインでの申請や届出といった行政手続やインターネットサイトへのログインを行う際などに、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段のこと。

今回の実証実験は、総務省の「公共交通分野におけるマイナンバーカードの利活用実現に向けた諸課題に関する調査研究」事業の一つとして実施するもの。日常生活に密着したサービスとして、公共交通機関でのマイナンバーカードの活用ニーズや課題の調査を行うとともに、実証実験を通じてその実現可能性、今後の対応方針を検討し、国や地方公共団体、交通事業者、住民など、社会全体の利益に資することを目的とする。

実証実験では、高齢者などを対象とした優待乗車パスとしての活用を想定し、市民モニター(30人程度を予定)に実証実験用のマイナンバーカードを使ってバスへの乗車・降車などを体験してもらう。

これにより、市民に身近な移動交通手段であるバスの乗り降りにマイナンバーカードを利用する効果や技術課題などの検証を行うとともに、今回の実証を通じて市民にカードが様々な場面で利用できるものであることを知ってもらい、今後の取得促進につながることを期待しているという。

姫路市、神姫バス株式会社の協力を得て「マイナンバーカード」活用の調査研究を実施

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事