働き方改革・テレワーク環境下でのセキュリティ課題を解決

指紋認証を始めとした様々なセキュリティソリューションを提供するDDSと、NECネッツエスアイは、働き方改革・テレワーク環境下でのセキュリティ課題を解決する新サービス「セキュアPCソリューション」を共同開発した。

昨今、働き方改革の取り組みが様々な組織で進められ、企業においてワークスタイルの大きな変化が迫られ、時間や場所にとらわれない、柔軟で効率的な働き方に対する要望が日々強くなっている。その動きに対応する形で柔軟な働きやすい環境整備の有力なツールとして、テレワークが注目されている。

一方、テレワークを実施するためにはどの端末からでもアクセス可能な環境への対応や、インターネット環境下での情報漏えいリスクなどの新たな課題がクローズアップされつつある。

このような状況の中、両社は、DDSのFIDO(Fast IDentity Online)認証サービス「マガタマプラットフォーム」とNECネッツエスアイの法人向けモバイル回線サービス「ネッツワイヤレス」を組み合わせることで、IDやパスワードに依存しないオンライン本人認証と閉域網による高いネットワークセキュリティを実現する新サービス「セキュアPCソリューション」を開発した。

セキュアPCソリューションは、インターネットを介さない無線閉域網への接続をSIMと端末の組み合わせ認証で許可し、指紋認証によって特定された利用者だけが閉域網と接続された社内ネットワークへのアクセスが可能となる環境を構築する。これにより働き方改革で求められるテレワーク環境下でも安心してPCを利用できるようになる。

ネッツワイヤレスの端末認証に本人認証を加えた新サービス「セキュアPCソリューション」を発表

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事