スマートなセンサーモジュールを取り扱い開始

半導体および関連製品販売事業を手掛けるPALTEKは、コーデンシのセンサーモジュールの取り扱いを開始したことを発表した。

コーデンシは、光技術を応用した光半導体、光センサー・光複合部品、センサーモジュールの設計・開発、販売を行っている。創業から約半世紀に渡り、「高性能」「高品質」「生産力」を武器に、人々の暮らしを豊かにする高付加価値の製品を提供。同社の光技術を応用した製品群は、携帯機器や家電商品、自動車部品など身近な分野で活用されている。

コーデンシでは、電源を与えるだけですぐに使えるスマートなセンサーモジュール「サーモパイル赤外線温度センサーモジュール」「照度センサーモジュール」を開発。補正や演算を内部で処理するため、新しい用途開発や検討にも適しているという。

このセンサーモジュールは、複雑なアナログセンサーの温度補正などのキャリブレーション作業が不要なため、すぐシステムに応用できる。また、アナログデータをデジタル処理して出力するため、エッジ処理や無線によるクラウド通信を容易にする。さらに、マイコンのFWプログラムを変更するだけで、利用目的に適したセンシングデータを使用できるという。

サーモパイル赤外線温度センサーモジュールは、サーモパイルセンサーICからの電圧出力でなく、温度値をデジタル出力するモジュール。非接触で対象物の温度を測定し、サーミスタよりも早い温度応答性を備えているという。

また、照度センサーモジュールは、照度センサーICからの電流出力ではなく、直接照度(Lx)値をデジタル出力するモジュール。人の目の感度(視感度)に合わせた明るさセンサーで、周囲の明るさに比例した出力が可能。小型表面実装タイプとリードタイプを用意している。

コーデンシ株式会社のセンサ モジュールの取扱を開始しました

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事