人型ロボットがオフィスをご案内

日立製作所と日立ビルシステムは、三菱地所の協力のもと、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の音声対話機能と自律走行機能を活用した受付案内の実証実験を2月14日から16日まで三菱地所の新本社で実施する。

今回、日立と日立ビルシステムは、三菱地所の新オフィスにおける実証実験として、EMIEW3を活用した受付案内業務を行う。実証実験では、受付スタッフが来社した顧客の氏名や用件を伺った後、EMIEW3が会議室や応接室まで先導して顧客を案内する。

施設内での人と調和した走行や、スムーズな接客・案内に向けたデータ取得やノウハウ蓄積を図る。日立と日立ビルシステムは、実証実験を通じて、ロボットと人間が調和した未来のオフィスビルにおける接客・案内サービスの創出を目指す。

EMIEW3は、店舗や公共施設において、サポートを必要とする顧客の元に自ら移動し、接客・案内サービスを行うことを目的に開発したヒューマノイドロボット。遠隔で音声・画像・言語処理などを行う知能処理システムと、多拠点に配置された複数ロボットを監視・制御する運用監視システムから構成されるロボットIT基盤と連携することで、高度なサービスを提供する。

また、サポートを必要とする顧客を見つけて自ら接客行動を開始する機能、複数台のロボット間での情報共有やサービスの引継ぎを行う機能、転倒しても自ら起き上がる機能を備え、接客・案内サービスをより効果的に行う仕様となっている。

三菱地所は、先進的機能を有する「大手町パークビルディング」に本社を移転し、2018年1月5日から営業を開始。新本社のオフィスは先進的なファシリティを備えており、従業員の新たな働き方やコミュニケーションを促進するだけでなく、三菱地所の商品企画や街づくりのために、これからのオフィスビルのあり方を検証する実証実験の場としても活用される。

日立のヒューマノイドロボット「EMIEW(エミュー)3」を活用した受付案内の実証実験を、三菱地所の新本社にて2月14日から開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事