仮想通貨のマイニングリソースをレンタル

GMOインターネットは、仮想通貨の採掘(マイニング)事業において、クラウドマイニングサービス「Z.com Cloud Mining」を2018年8月から提供する予定であることを発表した。サービス希望者の事前申し込みを受け付けるとともに、世界9都市でサービスの説明会を開催する。

Z.com Cloud Miningでは、GMOインターネットが欧州法人を通じて運営している、マイニング施設「次世代マイニングセンター」のマイニング設備の一部を貸し出し、設備の管理を行うというもの。

利用設備でマイニングに成功した場合、そこで獲得した仮想通貨をマイニングの報酬として受け取ることができる(別途、管理手数料がかかる)。これにより、自社でマイニングの設備投資・運用が難しい事業者もマイニングに参加できる。

Z.com Cloud Miningの設備レンタル料は、1契約につき5百万ドル。2年間のレンタル料の一括前払い方式となり、途中解約不可。ビットコインやビットコイン・キャッシュなどSHA256対応通貨が対象となる。

GMOインターネットグループでは、2017年5月の仮想通貨売買所の開始を皮切りに、同年9月に仮想通貨のマイニング事業への参入を発表し、12月には当初の予定より前倒しで事業を開始するなど、仮想通貨関連の領域において本格的な事業展開を進めている。

マイニング事業においては、高性能なコンピューターを自社開発するべく、パートナー企業とともに、マイニング専用の最先端7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(次世代マイニングチップ)の研究開発を進めている。

2018年1月にはその重要なマイルストーンとなる、12nmFFCプロセス技術を用いた半導体の開発に成功している。また、電力供給の面においては、再生可能エネルギーの豊富な地域に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力の調達を可能にしている。

同社はマイニングチップを搭載したマイニングボードを製造後、次世代マイニングセンターで使用するだけでなく、一部外部への販売を行うことを検討。また、外部販売においては、2018年度内を目処にトークンセール(ICO)の実施を計画している。

仮想通貨の「クラウドマイニングサービス」開始時期を決定

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事