スーパーボウルをより楽しめるための専用ソリューションを導入

Extreme Networksは、NFLのオフィシャルWi-Fiネットワークソリューションプロバイダーとして「第52回 スーパーボウル」におけるネットワークの可視性と観客のゲーム・エクスペリエンスの改善を目的に、米国ミネアポリスのU.S.バンクスタジアムに専用ソリューションを導入することを発表した。

スポーツ観戦時によりよいファン体験を提供する上で、安定したコネクティビティの提供とリアルタイムのネットワーク分析が重要になっている。エクストリームは、2014年にNFLのパートナーになって以来、NFLの10チームに対して高密度Wi-Fiソリューションを、その他の12チームにも豊富なインサイトを提供するWi-Fiアナリティクスを提供してきた。

その間、スーパーボウルでのデータ使用は、ソーシャルメディアを中心に268%以上も増加。スーパーボウル50とスーパーボウル51を比較しても、わずか1年でソーシャルネットワークのデータ転送は実に55%も増加している。

例えば、第51回のスーパーボウルでは、それまでの記録を破って11.8TB(テラバイト)のデータがネットワークを通じて転送されたという。同社は、ExtremeAnalyticsによってもたらされた知見によって、ファンがどのように試合と関わっているかをより深く把握することができ、試合当日のファン体験をさらに高めることができると説明する。

エクストリームのクラウドベースのアナリティクス機能は、ネットワーク管理者がネットワーク使用状況のスパイクを目視で確認でき、ファンがソーシャルメディアを通じてどのように試合やGame Dayアプリに関わっているかをモニターすることができる。

オンサイトの観客向けのサポートとして、資格を持った20人のエクストリームネットワークス専属Wi-Fiコーチをスタジアムに配備。観客はこれらのコーチにコネクティビティについて、またスーパーボウルGame Dayアプリへのアクセスについて質問できる。さらに、試合中はスーパーボウルGame DayオペレーションセンターやSeven Steakhouse Sushi & Rooftop Restaurantを含むスーパーボウルの提携先にもWi-Fiを随時提供する。

ナショナルフットボールリーグ、情報技術サービス担当バイスプレジデント、Aaron Amendolia(アーロン・アメンドリア)氏は「エクストリームネットワークスはNFLのパートナーになって5年目となるが、毎年すばらしいサポートとソリューションを提供してくれるので、とても頼りにしている。ExtremeAnalyticsを導入することで、ファンが試合中どのようにテクノロジーを使っているかを知ることができるため、エクスペリエンスを向上のためのヒントが得られる。エクストリームのWi-Fiコーチプログラムも、ファンサービスとして重要だ。多くのファンがスーパーボウルに夢中になり、そこでの体験をシェアするためにはテクノロジーが大きな役割を担っている」とコメントしている。

エクストリーム ネットワークス、5年連続で第52回スーパーボウルのオフィシャルWi-Fiアナリティクス・プロバイダに

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事