銀行の口座開設をスムーズにするサービス連携

ガイアックスとTISインテックグループのネクスウェイは、犯罪収益移転防止法に準拠したKYC/本人確認の業務代行においてAPI連携を2018年夏に開始することを発表した。KYCとは、銀行に新規口座を開く際、銀行から要求される書類手続きの総称のこと。

具体的には、不動産特定共同事業者や資金移動業者といったFinTech(フィンテック)事業者がスムーズにプロダクトに組み込めるように、身元確認業務をオンライン経由で業務代行するガイアックスの「TRUST DOCK」本人確認APIと、本人確認通知の発送・配達データの取得を自動化するネクスウェイの「本人確認・発送追跡サービス」APIとの連携を開始する。

双方のAPIを連携することで、FinTech事業者は、法律に準拠した本人確認業務を委託するに当たり、内部に専用システムや業務体制の構築を必要とせず、プロダクト連携したAPIを通して、安全、迅速に本人確認業務をワンストップでアウトソーシングすることが可能になるという。

ガイアックスのAPI型本人確認サービスであるTRUST DOCKでは、API経由で顧客の申請情報と身分証画像を専用システムに送ることで、オンラインで本人確認の結果を返答する。サービス事業者は本人確認用の管理画面の開発や業務オペレーターを用意することなく、低コストで本人確認を実施可能になる。

ネクスウェイの本人確認・発送追跡サービスは、犯収法で定められた非対面取引における取引時確認の方法に準拠し、本人確認通知の発送・追跡データの提供を一括で実施する。転送不可・簡易書留の発送対応や、郵便追跡サービスとの連携で配達記録を取得する犯収法に対応した機能を備える。郵便追跡サービスとは、日本郵便の窓口で書留等を差し出した際に交付される「お問い合わせ番号」で、書留等の配達状況が確認できるサービスのこと。

また、APIでのシステム連携により本人確認通知の発送、配達記録の取得を自動化でき、郵送追跡サービスの配達結果を顧客データに付与して返却するなど、顧客対応の生産性の向上を支援する。

ガイアックスとネクスウェイ、犯罪収益移転防止法に準拠した KYC/本人確認業務の一連のプロセスにおけるAPI連携を2018年夏に開始

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事