デジタルドアロック解錠を遠隔管理

ソフトバンクは、IoTプラットフォームを活用しデジタルドアロックの解錠権限を遠隔で管理できる新しいサービス「スマカギ」を開発。錠前ソリューションを手掛けるアッサアブロイジャパンのデジタルドアロックと組み合わせた法人向けサービスを提供開始した。

スマカギは、物理的な鍵を使わずにデジタルドアロックの解錠を操作する機能を遠隔で設定、管理できるサービス。ピッキングや複製ができないセキュリティ性、耐久性に優れたアッサアブロイのデジタルドアロックと組み合わせ、IoTプラットフォームを通じて遠隔で解錠用の暗証番号の発行や非接触ICカードへの解錠権限の付与などが設定できる。

不動産物件の所有者やシェアビジネスを運営する法人企業は、ホテルや賃貸マンション、民泊など多様化するシェアリング・エコノミーにおける物理的な鍵管理の運用負荷やコストを軽減する。また、シェアサービスの利用者も利便性が向上するという。

デジタルドアロックの遠隔管理機能では、時限付き解錠用の暗証番号を発行したり、
解錠用暗証番号のスケジュールを登録したりする。また、非接触IC対応カードと端末のID登録と解除を行うことができる。さらに、デジタルドアロック開閉ログの確認、デジタルドアロック異常時のアラート通知なども可能。加えて、管理対象物件のテナントと各テナントの管理者のログインアカウントを一緒に管理する機能を備える。

ドアロックの解除は、解錠用の暗証番号や、「FeliCa」または「MIFARE」に対応しているICカードや携帯電話、スマートフォンなどで行う。デバイスや機器設置は、アッサアブロイから提案する。

ソフトバンクは今後、パートナー企業向けに独自サービスへのカスタマイズが可能な外部システム向けとしてスマカギのAPIの提供も予定。アッサアブロイの錠前サービスのテクノロジーとIoTプラットフォームを通じて、物件や宿泊などの予約管理システムとの連携などさらに安全性と利便性が高いサービスの提供を目指す。

IoTプラットフォームを活用した、デジタルドアロックの遠隔管理サービス「スマカギ」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事