有人操作していた60種類の処理を完全自動化

フォーバルテレコムとインフォテリアは、フォーバルテレコムがPC操作の自動化と複雑な業務やバックエンド業務に至るまでの一連の業務処理を完全自動化するため、RPAツールの「WinActor(開発:NTTアドバンステクノロジ)」とインフォテリアの「ASTERIA WARP」を連動したことを発表した。

フォーバルテレコムは、5年前にASTERIA WARPを導入し、受注・決済に関わる業務処理を自動化していた。しかし、その後のビジネス拡大により、当初はシステム化するほどではないと考えていた手作業を中心として人的労力を伴う処理件数が増え、担当者の業務時間が大幅に増加したという。

こうした課題を解決するため、2017年6月にRPAツールであるWinActorを導入し、ASTERIA WARPで生成したデータを基に請求書の作成業務など月末・月初に集中するPC上での単純作業を自動化。その一方、代理店から入手した情報の基幹システムへの登録業務などでは、ASTERIA WARP実行前に登録データを特定のフォルダにセットするなどの事前処理を要していた。

同社では、このような有人操作の必要な処理が60種類あった。これらの事前処理にWinActorを利用することで、フロントエンドからバックエンドまでの処理を完全自動化し、これにより担当者の業務負荷は削減され、人的ミスも防止できる体制を構築できた。

具体的には、データのフィルタリング、フォーマット変換、メール処理、報告処理、複雑な処理などデータベースアクセスを伴う業務にはASTERIA WARPを適用。個人のPC画面上での単純作業、Webデータ取得、プリントアウトなどの業務にはWinActorを利用している。

フォーバルテレコム、RPA ツールと「ASTERIA WARP」を連動し、RPA適用範囲を拡張。業務の完全自動化を実現!

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事