苗場スキー場での滑降をVRで疑似体験

プリンスホテルは、NTTドコモ(以下、ドコモ)と協働し、ドコモが現在開発中の体感型VRアトラクションシステムを苗場スキー場で施行導入し、プロモーションに関する実証実験を実施する。

このシステムは、台湾でVRゲーム施設「Joyland」を手掛けるJPWinternationalが開発したモーションベースと、360度の実写映像を連動させた日本国内初導入のVRシステム。実写のVR映像と足元の機器が連動して動作することで、従来のヘッドマウントディスプレイのみで360度映像を視聴する場合と比べて、より高い臨場感・没入感を得ることができる。

今回の実証実験では、ドコモが企画開発している同システムに苗場スキー場のゲレンデを滑降するスキーヤー目線の実写VR映像を試行導入し、苗場スキー場のゲレンデ滑降を疑似体験できるようにカスタマイズした。これにより、雪の降らない地域から訪れる訪日外国人旅行者やスキー初心者など誰でも気軽にスキーの魅力に触れることができる。また、スキー経験者も事前シミュレーションとして楽しむことができるという。実証実験により各種リゾート施設への集客拡大や、グループ施設間の相互送客、ゲレンデ荒天時における来場者の満足度向上など、プロモーションの観点における有用性を検証する。

国内初導入「体感型VRアトラクションシステム」を活用したプロモーションに関する実証実験を実施

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事