およそ8万人の入退場と仮想デスクトップは掌(たなごころ)で

いったいパスワードはどれほど安全なのだろうか。個人用、業務用を含めていくつ記憶し、それらを年に何回変更することか――そうしていても、符号の組み合わせである限り破られる可能性がある。パスワードを忘れて、サービスやPCが使えなくなることもある。

現在、国内約8万の従業員が政府主導の「働き方改革」一環として、介護や育児と仕事との両立、ワークライフバランスの改善ツールとなる「仮想デスクトップ」の活用を進めている。富士通は、同デスクトップへのログインを、パスワード認証から手のひら静脈認証に切り替えていく。また、富士通ソリューションスクエアと東海支社にある入退場ゲートの認証を、従業員カードから手のひら静脈に変更。そこで働く約5,200人を対象とした実証実験を約1年間行うと発表した。

どちらもクラウドのしくみ「FUJITSU Cloud Service K5」上に構築し、本人認証や統合的な運用・管理を実現するとのこと。ログイン認証、入退場ゲート認証ともに、富士通フロンテックの生体認証装置「PalmSecure」を活用し、「FUJITSU Security Solution 本人認証基盤 AuthConductor Server」にて、あらかじめ登録した従業員の手のひら静脈のデータと「PalmSecure」で読み取ったデータとを照合する。

大規模な手のひら静脈データは、富士通研究所の高精度な画像補正技術により、膨大な中から個人のデータを瞬時に照合し、確実かつ速やかな認証が可能である。そして、入退場ゲートの認証には、富士通ネットワークソリューションズ製の入退室管理システム「Stronguard」に手のひら静脈認証機能を対応させることで実現しているという。

"オール富士通"の取り組みで得られるノウハウをもとに、同社は以後、顧客への手のひら静脈認証ソリューションの拡大を図っていく構えだ。

働き方改革を加速する手のひら静脈認証の大規模な社内活用を開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事