ADAS開発向け高速道路での走行データ収集サービスを開始

ZMPは、高速道路での走行データ収集サービスを開始した。昨今、公道での走行評価が重要となっている。技術が複雑になっていることから評価システム構築や収集したデータ処理などの工数が増大する傾向にあり、走行テスト要員の確保も課題となっている。

ZMPは、2012年よりドライバーによる公道での走行データ収集サービス「RoboTest(ロボテスト)」を開始、自動車メーカ/部品メーカ等の走行業務を支援している。今回、高速道路を対象とした走行データ収集サービスを開始する。このサービスは、高速道路での走行データ収集に特化し、実験計画の策定、システム開発、車両・ドライバー手配、データ収集走行、処理・分析、報告、一気通貫に実施する。

ZMPでは、高速道路・有料道路の車線、合流・分岐、出入り口などの詳細データベースを順次整備しており、それらの詳細シーン毎での計測が可能。このデータベースと、これまでのデータ収集の知見から、大規模な走行データ収集に対する綿密な走行計画の立案から実施まで対応できる。

ZMPは公道自動運転実証実験を進めており、カメラやLIDARなどのセンサーを組み合わせた計測システム構築の知見を有していて、走行データ収集の際にお客様のセンサシステムと別方式のセンサーによるリファレンスデータの取得や、データ取得後のアノテーションやセグメンテーション、分析も対応可能。

計画立案から走行、データ処理まで一気通貫で実施するためユーザーの手間を大幅に軽減できる。計測システムは当社標準システムをサービスの一環として利用、ユーザーにおける機材の購入、資産計上が不要。また、関連会社ZEGとの連携により、大規模なデータ収集や、複数チームを並行させた走行などでトータルの走行量拡大、期間短縮、工程管理の負荷軽減などが見込める。価格は、車両1台・ドライバー10人、走行期間2週間の場合、600万円(税別)から。

ADAS開発向け高速道路での走行データ収集サービス開始

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

日本版IoTの勝ちパターン ~かんたんIoTで現場力を活かす~ 完全版配布中
第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第5弾の完全版です。 会員の方は資料ダウンロードして、全ページご覧いただけます。  続きを読む

関連記事