日本初となるセルラーV2Xの実証実験を開始

コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン、エリクソン、日産自動車(以下、日産)、NTTドコモ、沖電気工業(以下、OKI)、Qualcomm Technologiesは、日本初となるセルラーV2Xの実証実験を2018年から開始する。

セルラーV2X(Vehicle to Everything)とは、国際標準化団体である3GPP(3rd Generation Partnership Project)で規定された車両とあらゆるものをつなぐ通信技術のこと。

実証実験では、3GPPにおいてRelease 14として規定された直接通信技術を用い、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼・低遅延の通信技術であるセルラーV2Xの評価を行う。セルラーV2Xは、ミリ波レーダーやレーザースキャナー(LIDAR)、カメラシステムなどの車両に搭載されたセンサー技術の補完として、見通し外となる環境においても、より広い通信範囲やクラウド通信の利用といった特長により、車両の通信能力を向上させることが期待されている。

実証実験により、5GHz帯を用いたセルラーV2Xの直接通信技術の通信距離、信頼性、低遅延特性を評価するとともに、LTE-Advanced(LTE-A)ネットワークと通信を相互補完する効果を確認する。また、得られた知見を用いてエコシステムの構築や関連する企業・団体への働きかけを行う。さらに、3GPPにおける標準化活動を通じて第5世代通信方式(5G)をはじめとするセルラー通信技術を用いた新たなグローバルスタンダードの構築にも貢献するという。

各社によると、実証実験は、2018年中の実施に向けて準備を進めている。車間の通信(V2V:Vehicle to Vehicle)、車両と交通インフラの通信(V2I:Vehicle to Infrastructure)、車両と歩行者の通信(V2P:Vehicle to Pedestrian)にはセルラーV2Xの直接通信技術を用い、車両とネットワークの間の通信(V2N:Vehicle to Network)にはLTE-Aネットワークを用いて実験を行うことを検討している。

コンチネンタルは、クアルコムのC-V2Xチップセットを搭載した「Qualcomm C-V2X Reference Design」を用いて、実証実験用のコネクテッドカーシステムを日産車両に構築。日産は、セルラーV2X技術を評価するための指標を含むテストシナリオの構築とV2Xのユースケースの選定を行う。OKIは、これまでのITS関連インフラ導入実績を踏まえ、V2Iによる各種アプリケーションの適用可能性を検証する。

また、エリクソンは、直接通信技術とLTE-Aのネットワーク技術を融合したV2Nユースケースを検討。ドコモは、LTE-AネットワークとV2Nアプリケーションを提供し、通信を用いた様々な車両安全のユースケースの実現に向けた、直接通信とネットワークとの間で、通信を相互補完する関係を実証するという。

コンチネンタル、エリクソン、日産自動車、NTTドコモ、OKI、クアルコムが、日本初のセルラーV2X共同トライアルを実施

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事