AI解析で困っている人を検知する実証実験、三菱地所ら

三菱地所、ALSOK、機械学習/深層学習技術に関するアルゴリズム事業を展開するPKSHA Technologyは、ALSOKが導入するAI/ディープラーニングエンジン「Vertical Vision」をもとに、街中で「困っている人」の動きを検知する未来型の「新たなおもてなしサービス」の実証実験を実施する。

今回の実証実験では、2018年1月22日から新丸の内ビルディング(東京都千代田区)に設置したカメラ映像を、AI/ディープラーニングエンジンで解析し、道に迷い辺りを見渡している、体調が悪くしゃがみこんでいるなどの「困っている人」の行動を自動検知する。解析結果は、エリアを巡回する警備員が所持するスマートフォンに通知され、状況に応じて適切な対応を行う。

子の実証実験では、顧客へのサービス向上だけでなく、エリアのセキュリティ向上、各種事故防止につながることが期待される。従来は、パトロール要員の目視により行っていた「見回り」をAIによる分析で補助することが可能となり、よりきめ細やかな状況把握が可能となる。

実験では、新丸ビルに設置されたカメラで、往来する人の様子を解析、AIが困っている人を検知すると、その旨を警備員あてにメールで通知。警備員は内容を確認し、検知された場所へ駆けつけるなど、その場に応じた適切な対応を取る。

カメラ映像のAI解析により「困っている」方を検知する最先端の「新たなおもてなしサービス」の実証実験を実施

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

4K対応IP-STBのODM製品を提供
IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパンは、2018年3月13日に法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始する。  続きを読む

関連記事